離婚したい理由

離婚したい理由は「夫(妻)の浮気・家庭内暴力(DV)・金銭問題・嫁姑問題」など、ざっとあげるだけでも重たい問題ばかり。
中でも、特に多いのがやっぱり浮気問題。パートナーの心が離れてしまった喪失感からは簡単に立ち直ることは難しく、発覚した頃には修復が不可能な状態なのが多いようです。
ただの交際段階だったら「なんとなく」「性格が合わないから」など、比較的軽い理由で分かれることも可能ですが、離婚となると手続き的にも、精神的にもハードルが上がります。

そしていざ離婚したい!と思っても、一方的な衝動では離婚はできません。
離婚をするためには双方の合意がなければならず、どちらか一方が離婚に反対している場合には少々面倒なことになります。
具体的には、家庭裁判所に調停の申し立てをし、それでもまとまらない場合は裁判を起こす必要があります。

裁判で離婚が認められるためには婚姻を継続しがたい重大な理由――配偶者による不貞行為や家庭内暴力、性の不一致などが認められる必要があります。
特に浮気・不倫による不貞行為はきちんとした証拠があると裁判で圧倒的に有利になりますので、浮気調査で抜かりなく証拠を集めておきましょう。

カテゴリー: 離婚問題, 離婚手続 | コメントをどうぞ

離婚前の別居

一緒に暮らすのが苦痛になるほど冷え切った夫婦に多い、離婚前の別居。浮気・不倫など、パートナーへの不信が募った末、夫婦がたどり着いた最後の生活形態です。

多くの場合、別居までに至ると離婚に直結するものですが、時間がたってまた一緒に暮らすということも珍しくはありません。
芸能人の別居報道などがその例で、報道がされてもまたしばらくすると復縁報道、ということもしばしば。
芸能人のような特殊な仕事形態だと稀な例にも思えますが、実際、距離をおいたことでお互い冷静に話し合えるようになり、もう一度やり直してみよう、という流れになることもあるのです。
どんなに憎みあっても、一歩引いてみるとまた恋しくなってしまうのが人情なのですね。

ただし、別居からもとの生活に戻ったところでまた同じことの繰り返しになる夫婦も珍しくはないということをお忘れなく。
別居の期間はあくまで離婚をするか寄りをもどすかどうか、その話し合いの猶予だと考え、離婚の結論が出てしまったときの準備期間だと思えば円満な離婚になるようです。

カテゴリー: 離婚エピソード | コメントをどうぞ

離婚後の生活費

離婚前に比べて、離婚後の生活は金銭面で苦労することが多いのが現実です。特に専業主婦だった方には、急な就職など難しく、かといってパートやアルバイトでは多くの収入はあまり期待できません。ましてや子供がいて、妻側が引き取るとなったら養育費だけで養っていけるかという不安が大きいものです。

それでは養育費以外にも元夫から生活費を得ることはできるのでしょうか?
残念ですが元夫には元妻を養わなければならないという義務はないのです。ただ義務がないだけで、円満な離婚の場合は生活費を受け取るケースも多々あるようです。
また、養育費のほかに元夫から得られるものといえば財産分与や慰謝料などがあります。離婚後に生活費で困らないように、離婚の際には財産分与の手続きをしっかり行うことをおすすめします。ただし、元夫には十分な財産があって、逆に元妻にはまったく財産がない場合に限られます。

慰謝料については、夫側に離婚原因になる重大な問題があった場合にのみ請求が可能となります。妻側に離婚の原因がある場合は当然請求ができませんのでご注意ください。

カテゴリー: 離婚手続 | コメントをどうぞ

芸能人の離婚

芸能ニュースを騒がせる定番の話題といえば芸能人の結婚と離婚。こと離婚に関しては“他人の不幸は蜜の味”と言われるように多くの人が関心を寄せるテーマです。芸能人の側からすればさぞやイメージダウンの痛手を蒙るのでは、と思いきや、ネタとして世間が注目してくれるのであれば離婚さえ芸のひとつくらいに思っている人もいるとかいないとか。実にたくましいものです。
事実、離婚をしたことにより新たなステージが開けた芸能人はたくさんいます。2回の離婚を経て3回目の結婚で世間を賑わせた元トップアイドルや、自ら離婚をほのめかしながらもいまなお世間を振り回し続けている有名モデルなど。。芸能人にとって離婚とは世間に注目させるための大事な武器でもあるようですね。
もちろん軽々しく離婚をしてしまうのはいけないこと。私たち庶民とは別世界の習慣を参考にしてはいけません。離婚をするのは決して悪い事ではありませんが、やむなく離婚を切り出す場合はしかるべきカウンセリングと調査を経るのがベスト。スムーズな離婚への近道となります。

カテゴリー: 離婚問題 | コメントをどうぞ

モラハラ離婚

モラハラ(モラルハラスメント)とは、肉体的な暴力を伴わない精神的なDVのこと。
特に、男女間の精神的家庭内暴力に対して使われている。
このモラハラは、家庭内暴力同様、直接的な離婚の原因につながることが多いようです。

モラハラ離婚の一般的な例としては、夫や妻のどちらかによる暴言や高圧的な態度などで夫婦間に亀裂が入る、
または姑からの嫌味や皮肉などに耐えかねるなど。

やっかいなのがモラハラをする加害者側は罪悪感がなく、なにかにつけて正当な理由を求めてしまうこと。
加害者はそのうち自分にも責任があるのではないかと思い込み、自分を追い詰めてしまいます。
そしてどうにもならなくなったとき、離婚という手段でストレスが一気に噴出してしまうのです。

また、モラハラは家庭内暴力に比べて肉体的なダメージがないため、証拠が残りにくく、また多少のことでは許容してしまう人もいるため表面化しにくいのも特長です。
離婚の際に裁判証拠をしっかり残しておくためにも、離婚問題に詳しい探偵社に調査を依頼して、裁判を有利に進めることをお勧めいたします。

カテゴリー: 離婚問題 | コメントをどうぞ

離婚の修羅場 続編

不審な映画のチケットを見つけながらも自分へのサプライズだと思い込み、日帰り温泉旅行で会話が弾む二人。

夕方、惜しみながらも車に乗り込んで、さあ帰ろう、そんな矢先のことでした。

シートの間からこの前の映画のチケットがチラリ。
「・・・せっかくだから、映画でも観て帰りたいな」さすがに堪えきれずに切り出しました。

「今日は疲れたからまた来週にしない?」まさかの答えに「せっかくチケットがあるんだから今日見に行こうよ!」そう言ってチケットを強引に
シートの間から抜き出すと、なんとチケットは半券のみ。
状況が整理できずにとまどっていると、旦那さんの挙動はますます不審に。

そうして悪夢の片道2時間がスタート。
浮気なんてそぶりさえ一度も見せたことがなかったから、ショックの大きさはひとしおです。
問い詰めれば問い詰めるほど過去の浮気を白状する正直な旦那さん。観念したのか浮気相手のことまでぺろっと話してしまいました。

帰宅するやいなや、階下に住む浮気相手の部屋に直行。もちろん夫婦で。
温厚だった奥さんも、仲良しだった浮気相手も、今まで見たことがない形相で言い争う。そして旦那さんはただ謝るのみ。
絵に描いたような修羅場にピリオドを打ったのは旦那さんの一言でした。
「離婚・・・しよう」

あっけにとられる2人。この一言で怒りは呆れに変わり、こんなことに精神力を消耗するのはばかばかしくなったと思ったようです。
一気に冷えた二人にとって、離婚の手続きは淡々とした事務手続きに過ぎません。平和だった夫婦はわずか1週間もたたずして書類にサインとなったのでありました。

カテゴリー: 離婚エピソード | コメントをどうぞ

離婚の修羅場

奥さん一筋20年・・・と思われていた会社員のSさん。実はかれこれ5年も前から密かに彼女を作っていました。
しかも彼女というのは同じマンションの住人で、奥さんとも親しい間柄でした。

ある日、いつもどおり会社を出たSさん。出社を見届けて、いつもどおり洗濯をしていると、ポケットから2枚の映画のチケットが。
自分の誕生日が近いこともあり、内緒のサプライズを用意してくれているのだと内心ワクワクしています。
このまま知らないふりをしながら、誕生日当日を迎えました。

「今日はどこに連れて行ってくれるの?」奥さんは頬を緩ませながら映画を観る気まんまん。
すると意外というか当然というか、旦那さんの反応は予想外のものでした。
「ちょっと車で遠出してみようか?」

奥さんのきょとんとした顔に、旦那さんも何かを察したようです。
「ほら、前から温泉行きたがってたじゃないか」

怪しいとは思いながらも、旦那さんがプロデュースしてくれることだから、何か理由があってのことだろう、
そう思いながら片道2時間のドライブが始まりました。

道中は誕生日のムードに浮かれ、幸福度100%。温泉だって前から行きたかったし、これまでの誕生日の中でも上出来な方でしょう。
映画のことはすっかり忘れ、鼻歌なんか口ずさむくらいのテンションです。

そして夕方、惜しみながらも車に乗り込んで、さあ帰ろう、そんな矢先のことでした。

・・・続編に続く

カテゴリー: 離婚エピソード | コメントをどうぞ

離婚弁護士

以前、天海祐希さん主演の人気ドラマ「離婚弁護士」が放送されていましたので、このキーワードはよく知っているという方も多いのではないでしょうか。離婚協議や離婚調停、離婚裁判を自分の代理人となって対応してくれる弁護士さんのことです。
いざ自分が依頼しなければならくなった時の為にも、どんな風にお願いをすればよいかを押さえておきましょう。

□離婚弁護士を探す

弁護士さんと普段からお付き合いがある人はそうはいないでしょうから、どうやって選んだらよいか分からないものです。いろいろなアプローチがあると思いますが、まずは知人や親戚でお願いできる人がいないか探してみましょう。見ず知らずの人よりは話しやすいでしょうし、より親身に応えてくれることもあります。もしそういう人がいなければ、様々な弁護士事務所を訪ねてみましょう。ホームページを見ればだいたいのところで弁護士相談に関しての記載があります。だいたい30分で5,000円というのが相場のようです。ここで事情を説明し、どんな弁護士さんなのか、フィーリングが合うかどうかなど、しっかりと見極める必要があります。弁護士への依頼といっても、言ってみれば仕事のパートナーとして一緒に戦っていくわけですから、気の合わない人や意見や考え方が食い違う人には依頼しないほうが良いです。また、必ず複数の弁護士さんを訪ねて比較をしましょう。お金がかかってしまいますが、自治体の行っている弁護士無料相談会のような活動もありますので、そういった機会を利用するのもひとつの手です。同じ事案に対して、本当に多くの考え方、戦い方がありますので、今後共に戦っていけると思える人を選ぶのが良いでしょう。ですので、依頼される方もまずはしっかりと自分自身の意見をぶつけてみて、弁護士さんの反応をしっかりと見ていくことが必要です。

□離婚弁護士に依頼する

さて、いよいよ依頼するとなるのはどういった状況においてでしょうか。
一般的には離婚調停や離婚裁判のあたりからになります。ですがもちろん協議において依頼をしても差し支えありません。当人同士の話し合いが全く成立しないケースもありますし、DVなどの身の危険がある場合もその方が良いでしょう。逆に離婚調停までであれば弁護士を立てずとも一人で対応することが可能です。離婚調停はあくまでも当事者同士の話し合いによる解決をはかるためのものなので、むしろ弁護士が代理人として話すよりは当人が直接話すほうが印象が良いこともあります。

□離婚弁護士の費用

離婚そのものだけを依頼するのであれば、調停または交渉のときは着手金、報酬はともに20万円以上50万円以下、裁判になった際も同レベルが標準額です。離婚と合わせて慰謝料、財産分与などの財産給付を請求するときは、財産給付の実質的な経済的利益の額を基準として、通常の訴訟などの着手金及び報酬金以下の適正妥当な額を加算して請求されます。
金額の違いは、案件の内容によったり、担当する弁護士のレベル等々、その時々の状況により変わりますので、まずは依頼される弁護士事務所にしっかりと確認しておきましょう。

カテゴリー: 離婚相談 | コメントをどうぞ

離婚カウンセラー

芸能人の離婚等がTVを賑わしている昨今、離婚件数の伸びと共によく耳にするようになった職業がこの離婚カウンセラーです。
離婚カウンセラーによる心のケアを行い、多くの離婚問題に取り組んでこられた大手探偵社MRでは、離婚カウンセラーについて以下のような説明をしています。

皆様は「 離婚カウンセラー 」とはどんなお仕事だと思われますか?
家族関係や夫婦関係のトラブルに対し、「心のケア」とともに具体的なアドバイスを行い、最善の解決策を導き出すこと。これが、当社の離婚カウンセラーのお仕事でございます。
多くのご相談者様は心のバランスが乱れ、生活そのものが崩れはじめていらっしゃいます。このような方々の「心のケア」を公共の相談所や弁護士などに期待するのは無理があります。
一般の心理カウンセラーであれば、ある程度まで「心のケア」をできるかもしれませんが、夫婦問題のプロではないカウンセラーにそれ以上を期待することはできません。だからこそ、離婚カウンセラーというスペシャリストが社会から強く求められているのです。
複雑に絡み合った夫婦間の問題を整理し、相談者が自分自身を見つめ直すためのパートナーと、相談者の声を心で受けとめ、離婚以外の解決策をともに模索し、結論を出した相談者に対して幸せになるため のさまざまなアドバイスをする。それが離婚カウンセラーの仕事です。
当社は、全国の探偵社初のカウンセリング制度を導入し、調査後のご夫婦間の修復に力を入れています。一度夫婦関係が破綻になってから元の幸せな夫婦関係に戻す為には、やはり、第三者の介入が必要だと実感しております。
証拠はとってからが大切なのです。私達は浮気問題のプロです。皆様の幸せの階段を登るお手伝いをしていきたいと考える新しい形の探偵社でございます。どうぞお気軽にご相談下さいませ。

離婚カウンセラーと聞くと一見「離婚をサポートするカウンセラー」という風に捉えてしまいます。ですがそうではありません。相談者の置かれた状況、夫婦間の事情や、相談者がどうしたいかを尊重し、離婚をお勧めしないケースも多々あるようです。離婚して得られる慰謝料に比べたら、その後何年にもわたって安定した収入を得られることの方がどれだけ依頼者のためになるか。そういったことも含めて検討してくれるのが離婚カウンセラーなのです。

□離婚カウンセラーと離婚弁護士の違い

離婚に関して相談できる相手、としては共通ですが、以下の2ポイントで違いがあります。

・離婚カウンセラーは、ご相談者様のメンタル面をサポートします。
・離婚弁護士は、離婚の手続きなど法律面をサポートします。

サポートするポイントが異なりますので、状況に応じて依頼されるとよいでしょう。

カテゴリー: 離婚相談 | コメントをどうぞ

離婚を回避するには?

離婚回避の心得

誰しも離婚を考えて結婚することはありません。結婚生活を経て、互いにすれ違うこやぶつかってしまうことが沢山起こって、そのうちに離婚を選択してしまうわけです。本当であれば誰しも離婚なんてしたくありません。
ではどうして離婚にまで突き進んでしまうのか、回避する方法がないのか、真剣に考えてみたいと思います。

離婚回避の為に

■離婚回避の心得 ー 過度な期待はし過ぎないこと

よく出来ちゃった婚は離婚率が高いと言われます。事実そうなのですが、なぜ起こるのでしょうか。
それは夫婦の関係性が成熟していないからだと考えられています。結婚に限らず恋愛でもそうですが、相手をまだあまり知らないうちにイメージで過度の期待をしてしまうことがあります。優しくて協力的で、スマートで。。そういうイメージをもったまま結婚し、さらには本当に大変な育児へ突入すると多くのカップルで何らかの問題を抱えることになります。これだけ大変なのに旦那は何の協力もしてくれないし、さらには理解もされずに家事が疎かになっただとか、俺は一日中家族の為に働いているんだ!といった文句を言われたり。。現実とのギャップがとても大きくなる訳です。
大事なのは良い意味で、過度な期待はし過ぎないこと、です。何も相手に対して諦めるということではありません。相手の立場を互いに思いやることが大切なのです。

□離婚回避の心得 ー 女性の場合

女性の場合、夫のだらしなさや、理解のなさ、非協力的な生活スタイル、高圧的な態度などなど、結婚直後から多くの方が不満を持たれると思います。ですがよく考えてみてください。現在の生活があるのは夫が働いてくれて、収入があるからにほかなりません。仮に離婚を選択し、一人で生活していくとなるとどうでしょうか。結婚生活において専業主婦を選択した方であれば、その後の再就職の難しさがよくわかるのではないかと思います。収入もどの程度確保出来るかは分かりません。そういったことを考えれば夫のダメなところばかりに目を向けず、夫の立場を理解し、優しい言葉のひとつでも掛けてあげましょう。男性にとって職場は戦場であるとも言います。帰る我が家まで戦場であっては休まる場所がありません。嫌な部分はお互い様と思って、協調していくことがポイントです。

□離婚回避の心得 ー 男性の場合

男性の場合、仕事の忙しさを理由に、付き合いを理由に、家庭よりも外を優先することが多いと思います。その結果妻の気持ちが離れてしまうわけです。そうならない為にも、以下のサインを注意したいところです。

(1)口うるさいほど話しかけていた妻が口をきかなくなった
→日常のことや子供のこと、うるさいくらいに話しかけていた妻が急に話しかけなくなったら要注意です。

(2)おかずの数が減った
→夫の健康に関心が無くなった証拠です。冷凍食品やスーパーのお惣菜が増えたときも同様です。

(3)無駄な出費をしなくなった
→離婚へ向けて貯蓄を始めた可能性もあります。

こういう風にならないためにも以下のポイントを押さえましょう!

(1)感謝とねぎらいを言葉と態度で示す
→家事や育児を手伝うのが一番ですが、手伝えなくてもねぎらいの言葉をかけてあげましょう。
言葉だけだと「口ばっかり」となってしまうのでたまには外食に誘うなど、態度で示すことも大切です。

(2)ポイントは外さずに
→妻の誕生日、結婚記念日、クリスマスは外さないようにしましょう。
毎日ねぎらいはできないけど、この3イベントだけは感謝していると必ず表明しましょう

□離婚回避の心得 ー どうしても回避できない場合

それでもどうしても離婚しか考えられない、となった場合、もしまだ子どもがいないようであれば離婚をするのも1つの選択肢です。
子どもがいると離婚は簡単なことではなくなりますし、離婚を考えてギリギリの二人が子どもをもつことの方が危険という見方もあります。
冷静によく考え、別の道を進むのも1つです。

カテゴリー: 離婚問題 | コメントをどうぞ