離婚後の年金

従来、年金というのは払った個人のものとみなされていました。たとえば夫が支払った年金は離婚後に元妻の生活を保障するものではありませんでした。しかしそれでは専業主婦が離婚した場合、まともに生活できるような年金を得ることは難しいものでした。

離婚裁判で夫の年金を妻に分与させることも可能ではありましたが、実際のところは永続的に元夫が払い続けてくれない場合も多く、支払わなくなっても年金は財産差押えなどの強制力がなく、非常に不安定なものでした。

そこで平成19年4月1日より厚生年金の分割制度が施行されました。これを『年金分割』といいます。
年金分割とは、結婚している間の夫婦の保険料は共同で支払ったものとみなし、離婚後も年金は夫婦それぞれ分割される制度です。共働きの場合は離婚後の年金額を半分ずつ分割されて支給されます。専業夫婦の場合は夫が払った保険料の最大半分が妻に支給されます。

この制度は近年増加している熟年離婚で大きなメリットになります。たいていの場合、専業主婦は国民年金なのに対して、元夫は厚生年金なので支給額に開きがありますが、離婚後に年金分割をすることで、夫の厚生年金を平等に分割されることになります。

カテゴリー: 離婚手続   パーマリンク