浮気による離婚

離婚原因のトップといえばやはり浮気による離婚。価値観の違いなどと違い、感情的・衝動的に離婚に踏み切るケースが多いため、修羅場離婚になるケースが多いようです。
浮気は病気といわれるように、一度でも浮気をしたらその人は浮気症の気質があると判断されてしまうこともあり、たった一度の浮気でも離婚に至るケースも多々見受けられます。

しかし相手に浮気の兆候があるからといって、早合点は禁物。冤罪の可能性もあるのです。もし誤った判断で相手を問い詰めた場合、修復不可能な溝になり、その結果離婚に至ることも考えられます。
浮気かな?と思っても、それが誤審であってはいけません。浮気の調査は自身で調べることは失敗をまねく可能性が高く、仮に成功したとしても裁判での証拠能力は低く扱われてしまいます。

ここは浮気調査の専門家、たとえば浮気調査に強い探偵社に以来するなどして、しっかりとした浮気の証拠をつかむのがベスト。もし本当に浮気だったら慰謝料請求などの際に確かな証拠になります。逆に浮気ではなかったら・・・それにこしたことはありません。もやもやした気持ちで過ごすより、白黒はっきりさせたほうがお互いのためだと思いませんか?

カテゴリー: 離婚問題   パーマリンク