離婚の相場

離婚したい!でもやっぱり気になるのが離婚の相場。離婚するのにいったいどのくらいのお金がかかるの?逆にどのくらいもらえるの?
まず弁護士や離婚カウンセラーなどの専門家に相談した場合、大体50万円~と言われています。この金額が高いか安いかは、結婚生活がどれだけ継続しがたいものかによりますが、離婚慰謝料などの額に影響してくる最初の重要なステップです。その後の離婚手続きにより、離婚慰謝料や養育費が算出されます。

離婚慰謝料は、婚姻生活の中で受けた精神的・肉体的な苦痛に対する損害賠償。その金額は婚姻年数によって大きく変わってくるもので、司法統計年報のデータによると、一般的な離婚慰謝料の相場は、婚姻生活が1年だと約200万円~、10年だと約500万円~、20年だと700万円を超える高額になるそうです。

加えて、子供がいる場合、成人または大学を卒業するまでの養育費が発生します。これは親権または看護権を持つ人に、もう片方の元配偶者が生活資金を支払うもので、年収、子供の人数により開きがあります。お互い生活力がある場合、養育費を不要とするケースもありますが、大体の相場としては月に5万円~10万円程度が現実的に支払いが可能な金額のようです。しかし、養育費は年数がたつにつれ、払われなくなるケースが多いので、相手の支払能力を超える金額を請求することはかえって続かなくなってしまう原因になりますのでご注意を。

カテゴリー: 離婚問題   パーマリンク