DVによる離婚

DV(ドメスティックバイオレンス)による精神的・肉体的な被害は、命に関わる問題に発展することもありえますので、できるだけ早い対応が必要です。「自分さえ耐えれば家族を守れる」「いつか収まってくれるんじゃないか」と、わずかな期待をもって我慢を続けたところで辛い思いを蓄積させるだけ。暴力からの我慢は何の解決にもなりません。実際、耐え続けても、いつか相手のDVが止んだというような事例はほとんど見受けられないようです。

しかし、いざ離婚を決断したとしても、自分がDVの被害を受けていることを証明するのは困難なこともあるでしょう。DVを行う人には、まさかこの人が?というタイプにも多かったり、外見に傷が残らないように周到に“配慮”をしていることも。そういった場合はDV被害を受けているという客観的な判断をすることが難しく、確かな証拠がなければ離婚裁判でDVを実証することは難しいのです。それに自分で証拠集めをするのは相手からの報復や、より過激なDVを蒙る可能性もあります。失敗したときのリスクの大きさを考えて、安全で確実に離婚をする方法は、DVによる離婚の証拠集めが得意な探偵社に調査を依頼するのが最善でしょう。

カテゴリー: 離婚問題   パーマリンク