離婚したい理由

離婚したい理由は「夫(妻)の浮気・家庭内暴力(DV)・金銭問題・嫁姑問題」など、ざっとあげるだけでも重たい問題ばかり。
中でも、特に多いのがやっぱり浮気問題。パートナーの心が離れてしまった喪失感からは簡単に立ち直ることは難しく、発覚した頃には修復が不可能な状態なのが多いようです。
ただの交際段階だったら「なんとなく」「性格が合わないから」など、比較的軽い理由で分かれることも可能ですが、離婚となると手続き的にも、精神的にもハードルが上がります。

そしていざ離婚したい!と思っても、一方的な衝動では離婚はできません。
離婚をするためには双方の合意がなければならず、どちらか一方が離婚に反対している場合には少々面倒なことになります。
具体的には、家庭裁判所に調停の申し立てをし、それでもまとまらない場合は裁判を起こす必要があります。

裁判で離婚が認められるためには婚姻を継続しがたい重大な理由――配偶者による不貞行為や家庭内暴力、性の不一致などが認められる必要があります。
特に浮気・不倫による不貞行為はきちんとした証拠があると裁判で圧倒的に有利になりますので、浮気調査で抜かりなく証拠を集めておきましょう。

カテゴリー: 離婚問題, 離婚手続   パーマリンク